申し込みをする前にキャッシング業者を分析

キャッシングにはいくつかの種類が存在しています。銀行系の消費者金融、正規の銀行、更には信販系と様々です。それぞれに特徴がありメリットとデメリットもあるので自分にあうものを選ぶ必要があります。既に説明したようにキャッシングの業者は大きく分けると3種類存在しています。

 

最短審査で借入れできるキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行

みなさんご存知の普通の銀行です。銀行ですからとても安心できますし金利も低めです。総量規制の対象外などかなり特徴的だと言えますし、地方銀行を含めるとサービスを提供している会社は意外と多いです。

 

消費者金融

分類としては銀行系とされますが正規の銀行とは全く違った内容になります。というのも総量規制の対象になるというのが一番大きな差です。銀行よりも金利が高い反面様々なサービスを打ち出しています。

 

信販系

クレジットカードを発行している会社のキャッシングサービスなどがこれです。他の2つに比べて各社かなり独自性のあるプランを用意しています。自分の状況に合ったサービスがあれば利用してみても良いでしょう。

 

各キャッシングの違いとは

一番大きな差はやはり総量規制です。これは年収の3分の1までしか貸付を行ってはいけないという法律で、消費者を守る為に作られました。しかし、正規の銀行は運営する際の法律が違っているため総量規制の対象となっていません。

 

とは言ったものの現実的には銀行の貸付にも審査がありますし、そもそも銀行の審査は比較的厳しいとされています。結局のところ返済能力がある(要するに収入が多い)と判断されないと大口の融資は受けられません。

 

また信販系に関してはメインの事業ではないためキャッシングサービスが特別お得というケースは少ないです。かなり限定的な状況でのみお得となる事がありますが、基本的には他の2つから選んでしまって問題ないでしょう。

 

銀行は既に説明していますが審査が厳しい代わりに金利が安くなっています。審査をしっかり行うため審査スピードが遅いというのは欠点でしょう。逆に消費者金融では金利は少し高めですが審査がとても早いです。

 

また他社との差別化のため一定期間の金利0などのキャンペーンも行っています。各種類ごとに特徴があるわけですが3社以上同時に申し込みをする事は避けましょう。できれば1社だけに絞って申し込んだ方が良いです。

 

複数申し込みを行うとお金に困っていると判断されて返済能力が低いと思われてしまいます。つまり複数同時に申し込みをしたせいで融資を受けられない可能性が出てくるわけです。

 

  • 業者には大きく分けて3つの種類がある
  • 主な違いは総量規制、その他にも細かな差は沢山ある
  • 申し込みは複数同時にしてはいけない

 

まとめ

基本的には時間があれば低金利の銀行を利用しましょう。キャンペーンや即日融資などを受けたい場合は消費者金融の方が良いでしょう。

 

また条件に当てはまってお得になるようなら信販系でも構いません。まずは比較検討をしてみることをオススメします。

キャッシングはどうやって申込むか?

キャッシングの申込にあたっては、店頭での申込、自動契約機での申込、WEB申込の3つの方法があります。この中で最もオススメできないのは店頭申込。最近は申込受付や審査は全てコンピューターが行うことができるので、今や窓口で頼むメリットはほぼありません。

 

また、そもそも店舗数も減ってきており、残っている店舗は人を呼び込みやすいように人通りの多い所にあるのがほとんどなので、入る所を誰かに見られてしまう危険性が高いです。キャッシングを利用するにあたり、人と関わらずに手続きを済ませることができるのならば、それに越したことはありませんよね。

 

自動契約機とWEB申込みそれぞれのメリット

そこで無人の自動契約機とWEB申込ですが、これらはそれぞれ利点があり、どちらを選ぶかはケースバイケースです。よって、基本的にはそれぞれのメリットを理解し、状況に応じて上手く活用することをオススメします。WEB申込の利点は何より、どこでも、そして誰にも会わずに手続きが完結できること。

 

しかし、カードを受け取るまでに一日程度のタイムラグが発生するので、今すぐお金が手元にないと困る場合にはやや不都合となります。一方、ATMの建物内によくある自動契約機を使えば、大手銀行のCMでよく聞くフレーズ「最短30分」からも分かる通り、その場で申込・審査が完了し、カード発行が可能です。

 

一刻を争うほど早急にお金が必要な場合は、自動契約機を使うより他に手はないでしょう。ただし、その場合のデメリットは審査の間、機械の近くで待機しないといけないこと。お昼休みに申込が可能!とは言っても、上司や同僚に審査待ちをしていることが気づかれないかヒヤヒヤしながら過ごすのは辛いですよね。

 

そこで、両方の利点を最大限に活かし、スムーズにキャッシングをするために、この二つを併用するのがオススメです。つまり、手元のパソコンや携帯電話でWEB申込・審査までを済ませて、カードを自動契約機に直接受け取りに行く。そうすれば最もスムーズで人に見られるリスクもほぼ負わずに申込手続を完結させることができます。キャッシングの申込が必要となった際は、是非試してみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日