消費者金融の最低の借り入れ額は30万円?

消費者金融の最低の限度額は10万円です。それ以下の金額の借り入れを希望した場合でも、この10万円が限度額として設定されます。もっと少額の数万円だけ必要な場合は、この10万円の限度額の中から必要な分だけ借り入れを行います。

 

そのため、5万円の希望だった場合でも、10万円の審査に通過する必要があります。これより下の金額の借り入れのための審査というものはありません。一部では30万円が消費者金融の初回の最低の限度額だといわれることがありますが、そういったことはありません。10万円が最低の限度額です。

 

限度額まで借り入れる必要はありません

キャッシングでは数万円だけが必要な場合でも、このように10万円の審査に通過する必要があります。またこの10万円はキャッシングを利用する際の最低の限度額なので、この審査で落とされてしまう場合、少なくとも現在はキャッシングを利用するのは難しいということになります。

 

数万円だけを希望して10万円の限度額の審査を通過した場合、その10万円まで借り入れを行う必要はありません。必要な分だけを借り入れてください。限度額があるからといって必要以上に借り入れを行ってしまうと、その分金利も余計に支払うことになります。無理に必要以上の借り入れを行う必要はありません。

 

限度額=借り入れを行っている額になります

この限度額は、借り入れを行っている額として扱われます。例えば年収が100万円のアルバイトの人が10万円の限度額の契約を他店でしている場合、実際には1万円しか借り入れを行っていなくても10万円を借りているという扱いになるので、30万円の申し込みをした場合は年収の1/3までの借り入れが限度という総量規制に引っ掛かり、審査を通過することができません。

 

実際には1万円+30万円=31万円の借り入れになるので100万円の1/3に到達しませんが、契約上は10万円+30万円=40万円になるためです。まだ限度額に到達しないのに新たな契約の審査に落ちてしまった場合、過去の借り入れ状況などが問題になることもありますが、実はこれが原因のことがあります。

 

最初の限度額は10〜50万円のことが多いです

初めてキャッシングを利用する場合、限度額は10〜50万円になることがほとんどです。それ以上を希望した場合は審査を通過するのは難しいといえます。この限度額の設定は職業や勤続期間にもよります。学生やアルバイトの人の場合は10万円からスタートすることが多く、会社員の場合は30万円、勤続期間が長い会社員の場合は初めてでも50万円の限度額の審査に通過することができる可能性があります。

 

この10〜50万円の間をとって、30万円が初回の限度額だと考えられていることがあるようですが、実際には10万円のこともあります。30万円までなら消費者金融ならすぐに借りられると思ってしまうのは危険です。

 

10万円の限度額に設定された場合

キャッシングにおいてこの10万円の限度額とは、最低の信用しかない場合に設定される金額です。会社員の場合、他社からの借り入れがあるような場合や過去に返済のトラブルを起こしたようなことがなければ、この10万円になってしまうことはまずありません。

 

逆に50万円の審査に通過するにはそれなりの収入と、勤続期間が必要になります。正社員雇用であっても勤務期間が短い場合は30万円までのことも多いです。キャッシングの審査では職場への勤続期間が大事になるということです。

 

学生やアルバイトの場合は10万円の限度額からスタートして、利用状況によって増額されていくことが多いです。限度額は決められた後でも上下するものです。返済の遅延を繰り返すなど、キャッシングの利用の仕方が悪いと減額されてしまうことがあります。10万円の限度額の場合はキャッシングの利用自体ができなくなってしまうこともあるので、返済はきちんと行いましょう。

 

100万円までの金利は変わりません

キャッシングでは借り入れ額が多くなるほど金利が下がるシステムになっていますが、100万円未満に対しては最高金利が設定されることが多いです。これは消費者金融では18%のことが多く、10万円を借りても90万円を借りても、ほとんどの場合で金利は18%に設定されます。

 

この金利は利用実績によっても変わります。50万円までは最高金利が設定されることがほどんどですが、それ以上になると、その消費者金融を長く利用していて返済の遅延をしたことが一度もないなど、優良顧客と判断された場合は多少金利が下がることがあります。

 

また一箇所からの借り入れが100万円以上になると、最高でも15%の金利になります。これは利息制限法でそのような決まりがあるためで、これを利用して少額の複数の借り入れを一箇所にまとめて100万円以上にすることで、最高でも15%の金利にすることができます。この利息制限法は銀行のカードローンにも適用されますが、銀行では最高でも14.5%程度の金利のことが多く、100万円を超えても金利が変わらないことがあります。

 

希望額が小さいほど審査を通過しやすいです

申し込みの際の希望額が小さいほど、審査を通過しやすいといえます。これは少額なほど貸し出しを行う消費者金融側のリスクも小さくなるからです。そのため、本当に必要な額だけを希望することが審査を通過するためには大事になります。

 

例えば20万円が必要な場合、多少余裕をみて30万円の申し込みを行うより、20万円だけにしておく方が審査を通過できる可能性が高いといえます。銀行のカードローンの場合、少額の申し込み時には在籍確認を行わないことがあります。また逆に希望額が高額になる場合、厳しく審査が行われます。希望額による審査基準の変化は消費者金融より明確だといえるかも知れません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日