夫にバレてしまう要素とその対策方法

専業主婦やパートで働く主婦の方などでも、夫には内緒でキャッシングを利用したい、という方は多いでしょう。それはもちろん可能ですが、そのためにはいくつかのことに注意をしておく必要があります。

 

キャッシングを利用する際、利用している最中などに、夫に知られてしまう危険性を孕んでいることは非常に多くありますので、それらを回避するように努力をするのです。

 

夫にバレてしまい易い最大の要因とは

これは、逆の場合、夫が妻に内緒でキャッシングを利用しているような場合であったとしても同じことが言えるのですが、最もバレてしまい易いことは郵送物です。特に一発でアウトになってしまうのはローンカードの存在です。

 

ローンカードはそのままにしておけば、必ず郵送されてくるものです。銀行カードローンを利用する場合はどうしようもありませんが、消費者金融を利用することができれば、ローンカードの郵送は回避することができます。

 

自動契約機でローンカードを発行する

大手の消費者金融はほぼ必ずと言っていいほど、自動契約機を持っています。自動契約機を利用することで、ローンカードは発行することが可能ですので、ローンカードが郵送されるのを阻止することが可能だという訳です。

 

しかし、消費者金融を利用できるのは、自身に収入がある方の場合です。アルバイトやパートで働いている方だけとなりますので、無収入の専業主婦の方は銀行カードローンを利用するしかありません。つまり、必ずローンカードは郵送されますので、夫にバレてしまわないように注意を払うことが必要でしょう。

 

その他の郵送物はどのような場合に送られてくるのか

通常のキャッシング利用では、ローンカード以外のものが郵送されてくることはほとんどありません。郵送での審査や申し込みをされる場合でしたら、郵送物が送られてくることはありますが、それらはネットでの申込みや店頭での申込みをすることで回避することが可能ですので、あまり心配するようなことではありません。

 

ただ、利用中に郵送物が送られてくるパターンはあります。最初に述べておくと、それはきちんと注意を払っていれば必ず回避可能なのことです。それは、督促状が送られてきたりする場合です。郵送物以外でも、自宅の電話連絡が来るような際にも、内容は基本的には返済の催促のものです。これらから夫にバレてしまうというようなことも十二分に考えられることですので注意しましょう。

 

しかし、これらは基本的には、遅延や延滞をたった一回してしまっただけでは送られてきたり、電話連絡が来たりするようなことはほとんどありません。通常の場合は、携帯電話に連絡が来ますから、そちらで対応をして、その後に返済をしておけば、心配するような事柄では全くありません。

 

しかし、携帯電話への連絡を無視し続けていたり、電話連絡には対応したけれど、その後に返済を行わなかったり、返済や遅延の方法が悪質だと判断されれば、自宅への郵送、または固定電話への連絡が来ることになりますので、注意しましょう。

 

銀行カードローンを利用する際に注意すること

銀行カードローンはローンカードが郵送されはしますが、それについては、自分が受け取り、夫に知られないようにすれば大丈夫ですし、自宅にいることの多い専業主婦の方であれば、自分自身で受け取れる可能性は高いでしょう。

 

ですので、郵送物に関しては特に心配はしなくても大丈夫なことでもあります。ただ、銀行カードローンを利用する場合ですと、どうしてもぶつかってしまうとんでもない壁が存在するのです。

 

配偶者の同意書をいかに無くすか

その大きな壁となる難題は、銀行カードローンの審査に必要となる書類の、配偶者の同意書というものです。配偶者の同意書は夫がキャッシングを利用することを同意した証ですので、利用する際には少なくとも夫にキャッシングを利用することを打ち明けなければならないということです。

 

ですので、こればかりは避けられない、と思われますが、実はこの書類を無くすことができる方法が一つだけあるのです。その方法とは、借入をする銀行カードローンを、配偶者の同意書が必要ではない銀行を選ぶことです。

 

そのような銀行はいくつかあり、三菱東京UFJ銀行バンクイック、三井住友銀行、楽天銀行スーパーローン、イオン銀行、東京スター銀行、横浜銀行、ソニー銀行MONEYKitなどがあります。これらを利用することで、わざわざ夫に同意を求める必要がなくなりますので、夫に内緒で銀行カードローンを利用することができるのです。

 

利用明細書に注意する

最後に注意すべきことは、利用明細書です。利用明細書も郵送されてくるものですので、銀行カードローンなどを利用していたり、口座振り込みを行っている場合は、バレないように毎度注意する必要があるでしょう。

 

ただし、消費者金融などのコンビニATMなどを利用することができれば、利用明細書はその場で発行することが可能なために、自分自身で管理することが可能です。ですので、消費者金融から借り入れをしている場合はコンビニATMなどを利用するようにしましょう。ただし、コンビニATMの中にはその場で発行できないものもありますので、事前にチェックしておくようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日