残高スライドリボルビング方式に気を付けよう

複数社からの借入を抱えていると、毎月の返済に追われる毎日で、精神的に辛いものがあります。そんな時は、借り入れを1つにまとめることができるおまとめローンが便利です。

 

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方

 

アイフルのかりかえMAX

アイフルのかりかえMAXは、アイフルを初めて利用する人専用のおまとめローンです。他社借入の金利が15%以上で、借入総額が180万円の場合は、アイフルが絶対にお得です。アイフルの金利が15%だと、まとめる前よりも利息が22,000円も浮かせることができるからです。

 

借入先をまとめることで、返済管理が楽になりますし、返済は銀行引き落としで便利です。現在の借入総額が年収の3分の1を超えている場合でも申し込むことができるので、諦めている方もダメ元で申し込むとよいでしょう。

 

申し込みは、電話か店頭又は、ネットで申し込みができます。審査に通ったら、自宅へキャッシングカードと契約書類が郵送されてきます。必要事項を記入して返送すると、振込融資となります。

 

キャッシング会社のおまとめローン

おまとめローンは、総量規制対象外となっていますので、年収の3分の1を超える借り入れが可能です。キャッシング会社だと、スピード審査で短時間で融資を受けることができますが、銀行カードローンに比べると金利が高いという特徴があります。

 

アコムは、100万円未満の場合金利が7.7%〜18.0%となります。返済回数は、2回〜162回となっています。申し込み方法は、アコムに連絡をしてから自動契約機で手続きするか、店頭又は郵送手続きとなり、ネット申し込みは不可となっています。

 

プロミスもネット申し込み不可となっています。金利は4.5%〜17.8で、支払い回数は1回〜120回までとなっています。借り換えのためのローンなので、追加の借入はできません。借入金額が大きく、返済回数がかさむと、金利差が重要になってきます。

 

そういった面から考えると、キャッシング会社よりも銀行の方が有利といえますが、急いでいる場合はキャッシング会社がお勧めです。

 

銀行のおまとめローン

住信SBIネット銀行のカードローンプレミアムコースは、他社からの借換資金にも利用することができるローンです。適用金利は、限度額に応じて決定されて、限度額が大きくなるほど金利は下がります。更に、SBI証券口座保有か、SBIで住宅ローンの契約をしている人は、金利が基準金利より0.5%低くなります。

 

10万円以上〜150万円未満の金利は10.0%、150万円以上〜200万円未満の金利は9.0%となっています。300万円を超える利用限度額で契約する場合のみ、仮審査後に収入確認書類の提出が必要となります。

 

楽天銀行のスーパーローンは、残高スライドリボルビング方式なので、最小返済額だけ返済していくと金利は14.5%となります。資金使途は自由に使用することができます。最大限度額は500万円です。

 

残高スライドリボルビング方式には気を付けよう

残高スライドリボルビング方式は、返済を重ねて残高が減っていくと続きの返済額も比例して減っていく返済方法なので、返済期間が長期間になればなるほど、返済額が増えていきますので、返済回数は増やさずに繰り上げ返済で早め早めに返済していくことがポイントです。

 

資金使途は自由となっていて、融資が下りたら自分で1本化したい借金の返済をする必要があります。返済をしないで、生活費などに使ってしまうと多重債務の状況は改善することができません。おまとめローンにした意味をよく考えて返済していきましょう。

 

まずは銀行を検討

銀行のおまとめローンの方が金利が低いので、ダメ元で銀行に申し込んでみることを検討するとよいでしょう。しかし、返済方法が残高スライドリボルビング方式だと、利息や返済回数がかさみ、総返済額がまとめる前よりも多くなってしまうこともありますので気を付ける必要があります。

 

借換をする前には、返済シュミレーションツールを利用して、返済回数によってどれだけ利息を抑えることができるかよく検討することが重要です。そして、余裕のある時はできるだけ繰り上げ返済をして早く完済することも大切です。

 

おまとめローンのメリット

おまとめローンにすることで、金利が4%〜6%下げることができる可能性があります。大したことではないといっても、3件以上の借入分の金利を抑えることで、返済総額も大きく変わってきます。

 

そして、毎月の返済日がバラバラで、毎日借金に追われているような生活から返済日が1日になることで、返済管理しやすくなって、精神的にも楽になることができます。

 

しかし、おまとめローンにすることで月々の返済が減って金利も下げることができたとしても返済期間を長くすることで返済総額が増えたということになっては意味がありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日