キャッシング審査有利な職種でも落ちる可能性あり

正社員や公務員と言ったキャッシング審査で有利になる安定職種や立場でも審査落ちの可能性があり、信用情報に傷が付いていたり他の原因も考えられるものです。

 

審査でどのような点をチェックされるのかを知れば、正社員の立場でも審査落ちする原因が解りますし、逆に不安定な雇用のバイトや派遣でも通る事もあります。

 

年収に対して借入希望が多いと審査落ち

消費者金融の場合は年収の3分の1を超えた借入は出来ないですから、低年収で希望借入額が多いと審査落ちする事になり、年収が300万なら正社員でも100万円までが借りる事が出来る上限値です。

 

さらに言えば限界値ギリギリまでいきなり融資してくれる事は考えにくく、公務員や大手企業の正社員でも初借り入れ時は50万円スタート、一般的には30万円程度が上限値としてスタートして、利用実績で信用される事によって増額申請して借入枠を広げる事が出来ます。

 

ですから最初から大きな希望額を提示せずに、まずは借りる事が出来る金額から開始して、確実に返済実績を積んでいく事が望ましいです。

 

限度額が小さい程審査が通りやい?

希望限度額が小さい程に業者側としても貸し倒れリスクも少ないですから、最初は10万円程度から始めたいという方は審査クリアの可能性が高いと言えます。

 

申し込みした地点で希望額が大きすぎると、途中で限度額を減らしても良いと伝えても、業者によっては申し込み者を信用せずに審査クリアさせない所もあり、業者や信用度によって異なるものです。

 

勤続年数が長いと信用されやすい

公務員や正社員でも勤続年数が短すぎれば審査落ちの可能性が高く、新卒社員がいきなりキャッシング審査に挑んでも不利な事は否めないでしょう。

 

一般的には勤続年数が長い程に安定保証として信用される可能性が高くなり、非正規雇用者でも勤続年数が長いと信用されて審査クリア出来る可能性が高くなる傾向にあります。

 

正社員でも昨今はすぐに辞めてしまう方も多いですから、金融業者としても安定感の無い方に融資を行うにはリスクを感じて審査が慎重になるものです。

 

借入件数や金額は審査で重要な要素

借入件数が多すぎたり借金額の多さは当然審査で重要な指標になり、正社員でも借入件数の多さや借金総額によって審査クリア出来ない可能性は高くなりますから、出来るだけ件数を減らしてから申し込みが有効でしょう。

 

借入件数が審査で重視される理由

複数業者からの借り入れは多重債務者として貸し倒れリスクが高い客として認識され、一社から多く借金出来る人と、複数社から細かく借金している場合は、一社から多く借りている方が有利です。

 

一社から沢山借りる事が出来るという事は、それだけ信用されている証拠であり、信用度が低い方には会社は多くの金額を融資しないですし、細かく複数社から借りている場合は信用されにくいと言えます。

 

多重債務は債務整理に陥りやすい

そもそも多重債務者は債務整理に陥りやすく、どうしても金融業者から信用されない傾向が強く、一社からの借金が無い低収入のバイトと、多重債務者の正社員なら、バイトの方が通る可能性が高いです。

 

個人信用情報の事故記録は審査落ちに繋がる

無数のキャッシング審査に落ちる理由がありますが、いずれにしても信用情報に傷が付いているというのは最も審査に落ちる要因になりえます。

 

これは返済時に延滞や滞納を行なったり、債務整理の経験者、短期間に複数社への申し込み等があれば、危険人物して記録される事になり、金融業者は照会して申し込み者をチェック出来る体制が整っているものです。こうした信用に傷がある状態をブラックリスト入りしていると表現されます。

 

ブラックリスト入りすれば大手業者から借金は困難

債務整理や延滞、滞納等の金融事故記録に載ると、5年から10年程度記録として残り、こうしたブラックリストに載る状態だと新規のキャッシング審査に通る事は難しいです。特に大手消費者金融や銀行での借入は困難であり、中小消費者金融ならば相談に乗ってくれる可能性がありますが、好条件で融資を受ける事が出来ない状態と言えます。

 

注意したい事は信用情報に傷が付いてしまって、新規の借金を大手業者から出来なくなり、違法取引をしている業者に申し込みを行うパターンです。違法取引の業者の特徴は、法律の範疇を超えた金利請求を行ってくるヤミ金業者であり、お金に困っている方を標的にして営業をしており、大手業者から借金を出来なくなった方でも審査に通して貸し付けを行い、結果的に法外な利息を請求します。こうした業者を掴まないようにして、仮に利用しても弁護士等の専門知識を持った方に入ってもらって対応する事が有効です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日